西東京市での葬儀の作法

葬儀の礼法

葬儀の礼法の写真

故人が死亡した直後に、故人の親族に故人の死亡を知らせなければなりません。

そのため、連絡が来たらすぐに電話するのが礼儀です。お悔やみの言葉を伝え、必要であれば援助を申し出てください。この場合、喪服を着るのがきちんとしていて失礼にあたるので、カジュアルな服装で構いません。また、インセンティブパッケージを提供する必要もありません。故人との面会を申し出るのは、原則としてやめておきましょう。家族から「故人に会いたい」と言われたら、「わかりました」と言ってお辞儀をして待ちましょう。家族が白い布をかざすと、目を見開いてお辞儀をする。気が進まない場合は、「悲しい気持ちになります」と断ってもいいでしょう。お悔やみの言葉の基本は「静かに」「控えめに」です。ご遺族に直接お悔やみの言葉を伝え、故人の冥福を祈ることができます。よく使われるフレーズとしては、「お悔やみ申し上げます」や「この度の予期せぬ損失を深くお悔やみ申し上げ、心からのお悔やみを申し上げます」などがあります。死因についてしつこく聞いてはいけません。また、「神格化」や「ロールオーバー」などのタブーな言葉を使ってはいけません。告別式に出席できない人のためのものよりも、最近では、ビジルが一般的になってきています。通常は18時~19時頃から始まり、1時間~2時間ほど続き、「深夜」のサービスという形をとります。ご出席を希望される方は、式開始10分前までに受付にお越しください。入場すると、喪主やご遺族の方にお参りをしていただきます。お通夜に招待された場合は、お通夜後に参加するようにしましょう。ただし、大声で話したり、お酒に酔ったりするのは避けた方がいいでしょう。故人を偲び、静かに語り合うべきです。葬儀に参列する予定がある場合は、予定時刻の15分前までには到着しましょう。法要だけに参加する場合は、予定していた時間に焼香するのが良いのですが、法要終了直前に到着するのは失礼にあたります。お通夜にお香典を持参すれば、リピートする必要はありません。また、葬儀や告別式の際に、遺族の部屋にお参りに行く必要はありません。特別な事情がない限り、出棺前にお見送りするのが礼儀です。出棺の際には、毒を持った手で故人の冥福を祈り、沈黙の瞬間を観察します。喪主を呼び、遅れたことを謝罪する。空いているかどうかを聞いて、訪問したい旨を伝えましょう。できれば49日までにお悔やみ状を持参してください。弔電の表には「御霊前」ではなく「御仏前」と書きましょう。お返しの品で相手に迷惑をかけないようにするためには、控えめな金額を送り、「お返しの品には思いやりを持たないでください」などの言葉をかけるのがベストです。