西東京市での葬儀の作法

西東京市における葬儀の種類

西東京市における葬儀の種類の写真

一般的には、葬儀の種類が多いです。

伝統的な形式の葬儀が一般的ですが、より多くの人々が、故人やその家族の希望を反映した非公式な葬儀を選ぶようになってきています。高齢化が進んでいるため、故人の友人が亡くなった場合、葬儀に参列する人は少ないのが一般的です。昔のようにファンファーレで大切な人との別れを惜しんでいた時代に比べて、今では故人は葬儀を小さくしたい、遺族に負担をかけたくないという思いから、より小さな葬儀を選ぶようになりました。このような理由から、葬儀の種類は多岐にわたっています。一般的な葬儀は、通夜・葬儀・火葬という一般的な流れに沿ったものです。通夜は葬儀の前日に行い、葬儀は翌日に行います。自宅葬、直葬、近葬と違い、親族だけでなく取引先や人、近所の人も葬儀に参列します。このような葬儀は規模が大きく、社会的なつながりが多く、人間関係を大切にする人に向いています。初対面の人でも参加できるので、伝統とおもてなしを重視しています。これでは、喪主や遺族の負担が増える。小さな家族葬が一般的になってきたとはいえ、昔ながらの葬儀を希望される方も少なくありません。通夜をせずに1日で行う場合は、1日葬と呼ばれます。お通夜がないことを除けば、普通のお葬式と同じです。通常の葬儀よりも合理的ですが、家族や親族、友人とのお別れの時間を確保することができます。一日葬のメリットは、遺族や参列者の負担が少なく、お通夜がないので費用が安く済むことです。直葬とは、埋葬地から直接遺体を運び、通夜や葬儀を行わずに火葬する形態のことです。直葬とは、火葬場や葬儀場と呼ばれることもあります。死後24時間以内の火葬は法律で禁止されているため、死後すぐに直接埋葬することはできません。火葬に先立ち、故人は自宅の火葬場または火葬場の安置所に24時間以上安置されます。都心に火葬場がない場合、故人が亡くなってから数日後に直接火葬することができます。直葬は、家族や近親者が少人数で行うことが多く、火葬場の前で司祭が聖句を朗読するのが一般的です。葬儀費用を抑えたい、親族が少ない、もしくはいないという方には直葬が好まれます。僧侶に経典を読んでもらわない直葬は、お寺の評判が良くない可能性があるので、行く前にお寺に確認しておきましょう。密葬とは、ごく少数の家族や近親者だけで行う葬儀のことで、一般の人は参列できません。芸能人死亡のニュースで聞いたことがあるかもしれません。公営の葬儀は大勢の人が参列する一方で、故人の家族や親族には知らせずに密葬を行います。密葬を行う際には、葬儀に出席しない親族に知られないように注意が必要です。密葬が終わったら、葬儀が終わったことを伝えて、お参りをして香典に行くのではなく、お葬式を終えたことを伝えることが大切です。家族や近親者で密葬した後に本葬を行い、密葬に参加しなかった友人や知人のために告別式を行う人もいます。しかし、本葬は一般の方はほとんど行われていません。社葬や団体葬は、著名人や会社の社長など、多くの人が参列することが予想される場合に行われます。家族や近親者だけを招待する場合は、家族葬と呼ばれますが、決まった定義はありません。葬儀には10~20人程度の少人数で出席し、仕事関係者や近隣の方は招かれません。葬儀の内容や流れは通常の葬儀と同じですが、家族葬は故人や家族の意向が反映され、親密な雰囲気の中で執り行うことができるのが特徴です。故人の趣味や好きなものでお葬式を飾ることができます。葬儀に参列できるのは家族や近親者だけなので、参列者を気にすることなく気軽に故人を送り出すことができたり、故人とのお別れの時間を取ることができるなどのメリットがあります。家族葬では、通常のお葬式で必要な参列者の心配はありません。時間と費用を節約できるのも家族葬の特徴です。しかし、出席者の招待基準が不明確なため、不参加者の問題が発生する可能性があります。トラブルを避けるためにも、葬儀の前後に家族に知らせて、故人の意向に沿った葬儀を行うことをおすすめします。標準的な葬儀の形式に従わず、無料で行う場合は「自由葬」と呼ばれます。無宗教葬とも呼ばれ、特定の宗教や宗派を持たない葬儀の形態です。伝統や宗教にとらわれず、故人らしい葬儀をしたい方の選択です。その名の通り、開放的な葬儀ができるのが特徴です。従来の葬儀のように決まった形式がないため、故人が大切にしていたものや大切にしていたものに関連した時間を過ごすことができます。故人が音楽を愛していた場合は、好きな音楽を演奏したり、生演奏をしたりして音楽的な葬儀を行うことができます。故人のコレクションの骨董品や、故人が描いた絵画を展示することもできます。また、故人の動画を流すなど、故人や遺族の希望を叶えることができるのも無料埋葬のメリットです。