COSMO JUN



▲生産地リストに戻る

Jeremy Quastana ジェレミー・クアスターナ

生産地域 : Franc/Loire

生産者名 : Jeremy Quastana ジェレミー・クアスターナ

生産者解説

ロワールに又、2010 年から新しい生産者が誕生しました。
ジェレミー・クアスターナ、25 歳。1986 年8 月20 日生まれ。
AOC で言うとCheverny のFresnes という村で生まれ育ちましたが、ワインとは全く無関係に育ちました。お父様はフランスガスにお勤め、農業とは全く無縁です。大学は同じロワールのTours 大学、専攻は西洋史でした。
ところが大学4年生の時に人生を変える出会いがあったのです。
たまたまおこずかい欲しさに収穫のアルバイトをしました。
近所のLes Vins Contes のオヴィリエ・ルマッソン氏のワイナリーです。
気軽な気持ちでアルバイトしたのですが、その間に頭に衝撃を受けるようなナチュラなワインを沢山飲み、大の大人が真剣に農業に向かって命を懸けて働いている姿を見て、衝撃を受けました。

大学卒業後の進学に悩んでいる中、純粋なJeremy はある決断をします。
そんなに不思議なワインなら、もう少し勉強してみたい!と…。
そして大学卒業後、今迄と分野の違うボルドー大学の醸造学科に2年通い、本格的にワインの醸造を勉強しました。その間もオリヴィエの収穫は手伝い、忙しい時は準スタッフとしてワイン醸造も手伝いました。
大学の卒業見習いに選んだのはボジョレーの大御所、今は亡き、マルセラ・ピエール氏のワイナリーです。そこでまた、ナチュラルワインを徹底に2008 年に半年間勉強しました。そのスタジエも無事終了し、ボルドー大学を卒業と同時に彼が選らんだ人生はワインを自ら作る事です。

そして2009 年に畑を2HA 借りて2010 年からワイン作りを始めました。
彼は生まれつき運が良かったのかもしれません。幸運にもご両親を始め、色んな方がJeremy を応援してくれてこんな最短でワイン作りを開始しました。
フランスのデビューは2011 年6 月のボルドーで行われるVINEVPO です。
ここにブースを持つのではなく、この期間にボルドーの周りで開催されるいくつかもBIO のサロンで初デビューです。でも残念ながらこのデビューの時には彼のワインはほとんどSOLD OUT です。何故って、たった2HAちょっとしかない畑の数量なので噂だけでプロの間でなくなりました。勿論日本には初上陸、初デビューです。1.6HA がGAMAY,0.6HA がCOT。今は黒品種だけです。
是非是非勇気ある新人応援下さい。味もしっかり美味しいです。
ただ畑の所有者が2008 年迄化学肥料でした。
2009 年は忙しくて何も出来なかったので無農薬に幸いなりましたが、本格的に手を入れたのは2010 年からです。

( 2011.6.18 第1回目 訪問 )

コスモジュン 取扱ワイン

・2010年

Pettilent Rose 2010 Buena Onda

Pettilent Rose 2010 Buena Onda(ペティアン ロゼ ブエナ オンダ)

Gamay100%のペティヤン。、もう今更ペチィヤンの説明は要りませんね。最初に苺ミルクのような薫、味わいはやや甘くそれが心地よいアペリティフになり、まるで杏のお酒のようです。GAMAY の中の若い樹齢の木だけで作りました(樹齢約10 年)。収穫後(収量は25hl/ha)、3日間醸してプレス、発酵を途中でビン詰めしペチィヤンを作りましたが、私個人の意見では少しビン詰めが遅かったと思います。

でも出来上がったワインはそれなりに個性のあるロゼワイン。
ヨーグルトのようなマロの香りが心地よく、逆に泡がすぐになくなるので、飲みやすいのかもしれません。偉いところはSO2 を一切入れていない事です。
ブドウジュースと思われて下さい。初心者用のロゼワインです。天然アルコール度数11.20 度。BUENA ONDA はスペイン語で「良い感じ」という意味です。


Vin de France 2010 GAMAY Naturellement

Vin de France 2010 GAMAY Naturellement(ヴァン ド フランス ガメイ ナチュレルマン)

ラベルにも書いておりますがGamay100%の赤ワイン。
それもわざわざ「naturellement(自然に)」 と補足しております。「何でわざわざNaturellment をネーミングに入れたのですか?」と聞いたら「オリビエもマルセルも皆,Gamayという品種をナチュラルに作るんだ。だから僕も当然Gamay はナチュラル以外考えられない品種でだからあえて書きました」と。
成程ね〜そう言えば彼の根底はロワールに生まれ、そしてボジョレーで徹底的に根本的に醸造の基礎を学んだのだから、Gamayが生息出来る少ないこの地、この品種には思い入れがあるのでしょう。今更ナチュラルと言われてもピンとこない私としてはやけに新鮮でした。
収穫後(収量25hl/ha)、マセラシオンカルボニックで20日間タンク発酵、その間ピジャージュやルモンタージュで発酵を促進させます。

プレス後、Bourgohgne のダミーという大きな樽会社の6 年樽で樽熟成を行いました。Damy は知る人ぞ知る、Bourgogne Blanc の有名はトヌリエ、Jeremy、あえてChardonnay が使われていた樽を選ぶとはにくい選択です。

樹齢は50 年と古い葡萄、ですからペチィヤンとはガラッと味わいが変わります。
チャーミングな味わいの中に、複雑なニュアンスがあり、一見、飲みやすい甘い風味のGamay に感じますが、いいえなかなか渋みもしっかりです。

初ビンテージにしてはなかなかやります。かなり上手です。すっごく味わえま香りの中にGamay がバスケットのように沢山詰まっておりますが、安っぽくありません。来年がもっと楽しみです。ボトル詰め時に1mg だけSO2 を入れました。今も若干ガスが残ってるので本当は入れなくても良かったかもしれません。
ノンフィルター、天然アルコール度数11.41 度。


Vinde France 2010 Cot Lectif

Vinde France 2010 Cot Lectif (ヴァン ド フランス コー レクティフ)

COT100%!私の一番好きなお進めの赤ワインです。これを飲んだので輸入を決定しました。はっきり言って未熟な点も多々ありますが、Cot という難しい品種を100%カルボニック法で仕込んだ点は、まずお見事です。グラスに注ぐと、香水のような香りが立ち上がります。これだけでいかに発酵が綺麗に問題なく進んだかが解ります。ビンテージにも助けられたのでしょう。とても健全です。Cot はマルベックです。どうしても渋みが特徴的に思われがちですが、この果実香を前面に出した味わいは、偶然が届けてたか、熟練した職人技か…ワイン作りは1年に1度のチャンス、そういう意味では素晴らしいです。ただ処理の関係でどうしても一見渋みに思われるえぐみが気になる人は気になりますが、それも個性と思って下さい。それを入れても全体的に非常に上品で深みもあり、やっぱりお気に入りです。樹齢40 年の風格でしょうか ?一見軽く思えますが、実は奥深いふくよかさが入交り、それを裏付ける厚みが品良くワインを構成しております。Jeremy もあまりに発酵が順調に進み、問題がなかったので、最後に0.5mg だけSO2 を入れたそうです。く

勿論少ないです。入れていないに等しいです。でも彼がもう少し大人になったら決してSO2 を入れなかったでしょうね。久しぶりに面白いワインに出会えました。これはとてもアンバランスなワインで美味しいです。
飲んでいると色々考えちゃうから酔えないかもしれませんね(笑)
Cot + Lectif = Collectif (共同の) …皆で収穫を行ったからだそうです。
ノンフィルター、天然アルコール度数11.57 度。

※収量なんと12hl/ha!マセラシオンカルボニック(その間、一切手を加えない) 後、プレスして6カ月樽熟成。


▲ページの先頭へ戻る