西東京市での葬儀の作法

西東京市の葬儀の特徴

西東京市の葬儀の特徴の写真

「通夜」「葬儀」「葬儀」という言葉を聞いたことはあっても、具体的な違いがよくわからないという方もいるかもしれません。

通夜・葬儀・告別式の違いをご紹介します。通夜は葬儀の前日に行われ、故人と最後の夜を過ごす時間です。昔は式中にロウソクや線香を焚き、夜通し故人を見守っていました。しかし、葬儀社での葬儀が増えてきたことで、火災を防ぐために一晩中ロウソクを灯すことができなくなってきました。その結果、お通夜を行う習慣が、一夜にして葬儀を行わず、当日に分散して行う半端なお通夜に取って代わられるようになってきました。2~3時間の起床が当たり前になってきました。お通夜の流れは地域や宗派によって異なりますが、多くの場合、読経、焼香、僧侶による説法が行われます。通夜の最後には、故人の家族が故人のために通夜を開いています。単純な食事ではなく、お坊さんとその場にいる人に感謝の気持ちを伝えるものです。お酒を飲みすぎないことや、必要以上に長居して参加しないことが大切です。死後数日以内に通夜を行う必要はありません。通常は死の翌日に行われますが、都市部では火葬場がなく、火葬は死の数日後にしかできないこともあります。この場合、通夜は火葬の時間に合わせて押し戻されます。葬儀は友愛のために避けるのが一般的ですが、お通夜は友愛の日に行うことができます。最近では、葬儀に参列できない方がお通夜で最後のお別れをする方が増えてきています。仕事関係者やご近所の方の中には、日中に葬儀に参列できない方もいるでしょう。幅広い層の方にご参列いただけるよう、お通夜は通常18~19時頃を予定しています。葬儀とは、家族や親族、親しい友人が故人を弔う儀式です。僧侶は聖典を読み、線香を焚き、その他宗教的な儀式を行います。葬儀の最後には、遺族や親族以外の全員が一斉に退場して最後のお別れをします。通常、故人は棺の中に別れの花と愛用の品や記念品を納め、棺に蓋をして出棺し、火葬場に移動して火葬を行います。告別式は、友人や仕事仲間、近所の人など、一般の人との別れの場です。現在では、葬儀と告別式の区別が軽視され、葬儀と同じように扱う人が増えています。小規模な葬儀には家族葬や個人葬があり、後に「お別れ」という名目で告別式が行われます。